不倫の心労で激ヤセしてしまった過去

夫の不倫が発覚したのは、今からちょうど5年くらい前です。
その数ヶ月前から不審な動きはあり、はじめて携帯チェックしたのが、発覚の2日前です。
女との違和感を感じるメールのやりとりはあったものの、決定的に浮気してるという確証はなく、もやもやした日々を過ごしていました。

不倫を疑うまでは、なんて素敵な夫と結婚したんだろう。
私は世界一の幸せ者だって心底思ってました。

割と仲良しな夫婦でしたし、子供2人とも可愛くて幸せでした。

でも不倫疑いだしてから、いっきに体重が落ちました。
マイナス8キロです。当時授乳中でもあったのですが、こんなに減ったことは今までの人生で一度もありません。

睡眠時間3時間とかで毎日育児と、復帰したばかりの仕事に行っていました。
不安で眠れない、食べれない。
不倫されている妻に生じる定番の症状が私にも出ていました。

実家の両親に頼んで探偵調査費用を捻出してもらいました。
結果は真っ黒でした。
呆れて笑いしか出ませんでした。

両親、義両親立ち会いのもと、夫にはもしまた女と合ったら自分に良い条件で離婚する旨に同意するよう、一筆書いてもらいました。
これで収まると思うのですが、あれからやはり夫を信用できなくなりました。
体重も減ったまま戻りません。
病は気からといいますが、気力も回復しきれていません。
夫の浮気について